あ行

アシストハッチング(AHA)法
受精卵を着床しやすくするために、受精卵の透明帯を薄くしてから移植する方法の事。
関連ページ  IVF(体外受精)・ICSI(顕微受精)に挑戦

医療費控除
生計を共にしている家族の1年間(1月1日〜12月31日)の医療費を合計して、
10万円(所得が200万円未満の人はその5%)を越えた時に申告をすると、
所得税の一部が払い戻される制度の事。
関連ページ  医療費控除

おたふく風邪
おたふく風邪にかかると、精巣に炎症をおこす事があり、
炎症をおこすと睾丸の萎縮などがおこり、精子が作られなくなる事があります。

か行

カウフマン療法
生理がこない・排卵しない・不正出血がある・質のいい卵子ができない…などの時に実施する治療法の事。
関連ページ  カウフマン療法を受ける

ギフト(GIFT)法
精子と卵子を卵管内に戻し受精を期待する方法の事。
関連ページ  IVF(体外受精)・ICSI(顕微受精)に挑戦

基礎体温
朝起きて体を動かす前に舌の下で測る体温の事。
関連ページ  基礎体温を測る

高プロラクチン血症
授乳期でないのに、プロラクチンが多く分泌されている状態の事。
血中濃度があがって、授乳中と同じような卵巣への抑制が働く事により、
排卵障害になると言われています。
妊娠したことがないのに、母乳が出てくる場合などは高プロラクチン血症かもしれません。
関連ページ  排卵障害

月経周期
月経が始まった日を1日目として、次の月経が始まる日の前日までの事。

月経血培養検査
性器結核の有無を調べる検査の事。
関連ページ  不妊治療で行う検査

頸管粘液検査
排卵期に頸管粘液の量と質を調べる検査の事。
子宮頚管粘液が正常に出ているかや排卵日の予測等ができます。
関連ページ  不妊治療で行う検査

抗精子抗体検査
女性が精子に対する抗体を持っていると、体の中に入ってきた精子の動きが封じられて、子宮内に進入できなかったり、
受精できなかったりする可能性があります。
その抗体ができているかを調べる検査の事。
関連ページ  不妊治療で行う検査

後期精子細胞
精子になる途中で成長が止まったもの。

逆行性射精
精液が射精されずに、膀胱に逆行してしまう事。
関連ページ  精路通過障害

クラインフェルター症候群
性染色体のX染色体が1本多い事。
男子新生児の約1,000人に1人ぐらいの割合で発生しています。
この染色体異常で、精子の数が極端に少なくなってしまいます。

顕微受精(ICSI)
卵子の中に1匹だけ精子を入れて受精させる事。
その後の治療法はIVF(体外受精)と変わりません。
関連ページ  IVF(体外受精)・ICSI(顕微受精)

私の不妊治療記録
 タイミング〜AIH(人工授精)4回目の体験談
 ICSI(顕微受精)1回目の体験談
 ICSI(顕微受精)2回目の体験談

月経困難症
下腹部痛・腰痛などがひどく、日常生活に差し支えるほどの症状の事。

クロミッド
排卵がおこりにくい人のために排卵誘発の目的でつかわれたり、
AIH(人工授精)IVF(体外受精)・ICSI(顕微受精)のための卵巣刺激につかわれます。
生理5日目から1日1錠5日間服用します。
効果がでなければ増やしていきます。
関連ページ  不妊治療で使う薬や注射

さ行

ジフト(ZIFT)法
体外で育てた受精卵を卵管内に戻す方法の事。
どちらも自然妊娠と同じように受精卵が卵管で育つので、IVF(体外受精)・ICSI(顕微受精)よりも妊娠率は高いけど
麻酔をしてお腹に穴を開けて…と体へのリスクも高くなります。
関連ページ  IVF(体外受精)・ICSI(顕微受精)

子宮卵管造影検査
子宮口から造影剤を注入した後、X線撮影で卵管の通り具合や子宮の形を見る検査の事。
一般的に卵管がつまっていれば激痛であると言われています。
関連ページ  不妊治療で行う検査

子宮内膜日付診
高温期の子宮内膜を採取して組織を検査する事。
排卵後の日数と採取した子宮内膜の状態とが一致しなければ、黄体機能不全が疑われます。
関連ページ  不妊治療で行う検査

切迫流産
流産しそうな状態の事。

早期流産
妊娠12週未満の流産の事。

習慣流産
流産を3回以上繰り返す事。

早産
妊娠22週以降37週未満の分娩の事。

精液検査
精液量・精子数・精子運動率・精子奇形率・白血球数を調べる検査の事。
関連ページ  不妊治療で行う検査

精子減少症
精子の数が1ml中2000万匹以下の事。
関連ページ  造精機能障害

精子無力症
前進運動している精子が50%未満の事。
または活発な直進運動をする精子が25%未満の事。
関連ページ  造精機能障害

精子奇形症
正常な精子が30%未満の事。
関連ページ  造精機能障害

精巣静脈瘤
内精索静脈に血液が逆流してしまって瘤ができる事。
左側にできる事が多いです。
瘤ができると睾丸の温度があがってしまって精子を作る機能が落ちてしまいます。
関連ページ  造精機能障害

精巣捻転症
精巣がねじれてしまう事。
精巣がねじれてしまうと、精巣への血流が止まってしまって、
精子が作られなくなる事があります。
[治療]
6時間以内に手術をしてねじれを元に戻さないと精巣が壊死してしまいます。
壊死してしまうと摘出しないといけなくなります。

精巣上体炎
精巣上体(副睾丸)が炎症をおこして、精管を塞いでしまっている事。
細菌によることが多いですが、クラミジアなどによってもおこります。
関連ページ  精路通過障害

前立腺炎
前立腺に炎症がおきる事。

先天性精管欠損
生まれつき精管がない事。

(配偶者間)人工授精(AIH)
人工的に配偶者の精液を子宮内に注入する方法の事。
関連ページ  AIH(人工授精)

(非配偶者間)人工授精(AID)
人工的に配偶者以外の精液を子宮内に注入する方法の事。
関連ページ  AIH(人工授精)

精巣内精子採取術(TESE)
精液中に精子がいない時に、精巣(睾丸)に精子がいるかどうかを調べる検査の事。
精子がみつかれば、ICSI(顕微受精)などに使用できる。

受精卵
精子と卵子が結合した受精済みの卵子の事。

生理周期
生理が始まった日を1日目として、次の生理が始まる日の前日までの事。

セキソビット
関連ページ  不妊治療で使う薬や注射

セロフェン
関連ページ  不妊治療で使う薬や注射

スプレキュア
IVF(体外受精)・ICSI(顕微受精)をする時に採卵前に排卵がおきてしまわないように
LHサージを抑える目的で使用します。
子宮内膜症の治療にもつかわれます。

た行

多嚢胞性卵巣症候群(PCO)
卵胞が卵巣の中にたくさんできて、ある程度の大きさにまで育っていくが
卵巣の表面がかたいために中の卵が外に飛び出せない事。
関連ページ  排卵障害

着床前診断
受精卵の段階で染色体や遺伝子に異常がないかを調べる事。

テストステロン
男性ホルモン(睾丸から分泌されるホルモン)の事。

タイミング
基礎体温超音波による卵胞径の計測などで排卵を予測してタイミングを指導する方法の事。
関連ページ  タイミング法

超音波卵胞測定
経腟プローブという検査器具をつかって超音波で卵胞の大きさや子宮内膜の厚さなどを測定する事。
関連ページ  不妊治療で行う検査

体外受精(IVF)
卵巣から直接卵子を採取(採卵)して、体の外で精子と卵子を受精させて受精卵を子宮内に戻す(胚移植)方法の事。
関連ページ  IVF(体外受精)・ICSI(顕微受精)

私の不妊治療記録
 タイミング〜AIH(人工授精)4回目の体験談
 ICSI(顕微受精)1回目の体験談
 ICSI(顕微受精)2回目の体験談

停留睾丸
生まれてくる前におなかの中から陰嚢までおりてくるはずの睾丸がおりてこないで
途中で止まってしまった事。
おなかの中に止まったままになっていると熱の影響で精子を作る機能が落ちてしまいます。
[治療]
1歳頃までに自然におりてくる事が多いので様子を見ます。
2歳になってもおりてこなければ、睾丸をおろす手術をします。
睾丸は熱に弱いので、出来るだけ早い方がいいようです。

旦那は6歳の時に手術したらしいです。

多胎妊娠
同時に2人以上の赤ちゃんを妊娠する事。
双胎 → 双子を妊娠する事。
品胎 → 三つ子を妊娠する事。

な行

内分泌障害
脳下垂体から正常にホルモンが出ていない事。
テストステロン・・・男性ホルモン(睾丸から分泌されるホルモン)
FSH・・・卵胞刺激ホルモン(精子をつくるためのホルモン)
LH・・・黄体形成ホルモン(テストステロンの分泌を促進するホルモン)

二段階胚移植法
受精卵を2回に分けて子宮に戻す方法の事。
関連ページ  IVF(体外受精)・ICSI(顕微受精)

は行

配偶者間人工授精(AIH)
人工的に配偶者の精液を子宮内に注入する方法の事。

非配偶者間人工授精(AID)
人工的に配偶者以外の精液を子宮内に注入する方法の事。

排卵
関連ページ  排卵

排卵障害
卵子が育たない場合や、育っても排卵しない事。
多嚢胞性卵巣症候群(PCO)も排卵障害の1つです。
関連ページ  排卵障害

不育症
妊娠しても、流産早産を繰り返してしまう事。

フーナーテスト
排卵の頃に性交をして、3〜12時間後に頚官粘液の中で精子が泳いでいるかを調べる検査の事。
関連ページ  不妊治療で行う検査

閉塞性無精子症
精子は作られているけど精管が閉塞されていて精子がでない事。
関連ページ  精路通過障害

乏精子症
精液1ml中に、精子の数が2000万匹未満しかいない事。
管理人は、男性不妊(乏精子症)のために不妊治療をしていました。
関連ページ  造精機能障害


婦人用体温計
普通の体温計に比べて目盛りが細かくなっている体温計の事。
関連ページ  基礎体温を測る

フェミロン
関連ページ  不妊治療で使う薬や注射

不妊治療助成金
少子化対策の一環として国と自治体が半分ずつ特定不妊治療(IVF(体外受精)及びICSI(顕微受精))を
受けた夫婦に対し、経済的な負担の軽減を図るため、治療に要する費用の一部に助成金を支払う制度の事。
関連ページ  不妊治療助成金

ま行

無精子症
精液中に精子がいない事。
関連ページ  造精機能障害

無月経
生理が3ヶ月以上こない事。

無排卵性月経
出血はあるけれど、排卵がない生理(出血)の事。
基礎体温では、高温期がありません。

や行


ら行

卵巣過剰刺激症候群(OHSS)
排卵誘発剤(主にhMG)などを使用した時に卵巣が過剰に反応して起こる副作用の事。
関連ページ  排卵誘発剤による副作用

卵巣茎捻転
卵巣が腫れて捻転する事。
激痛(七転八倒する痛み)があって、時間が経つと卵巣の血流に障害が起こります。

卵管通気・通水検査
子宮口から二酸化炭素などのガスや生理食塩水などの液体を通して、卵管が詰まっていないかを調べる検査の事。
卵管の詰まりをとるための治療にもなります。
関連ページ  不妊治療で行う検査

わ行


アルファベット

AHA(アシストハッチング)法
受精卵を着床しやすくするために、受精卵の透明帯を薄くしてから移植する方法の事。
関連ページ  IVF(体外受精)・ICSI(顕微受精)に挑戦

AIH(配偶者間人工授精)
人工的に配偶者の精液を子宮内に注入する方法の事。
関連ページ  AIH(人工授精)

AID(非配偶者間人工授精)
人工的に配偶者以外の精液を子宮内に注入する方法の事。
関連ページ  AIH(人工授精)

FSH
卵胞刺激ホルモン(精子をつくるためのホルモン)の事。

GIFT(ギフト)法
精子と卵子を卵管内に戻し受精を期待する方法の事。
関連ページ  IVF(体外受精)・ICSI(顕微受精)に挑戦

IVF(体外受精)
卵巣から直接卵子を採取(採卵)して、体の外で精子と卵子を受精させて受精卵を子宮内に戻す(胚移植)方法の事。
関連ページ  IVF(体外受精)・ICSI(顕微受精)

私の不妊治療記録
 タイミング〜AIH(人工授精)4回目の体験談
 ICSI(顕微受精)1回目の体験談
 ICSI(顕微受精)2回目の体験談

ICSI(顕微受精)
卵子の中に1匹だけ精子を入れて受精させます。
その後の治療法はIVF(体外受精)と変わりません。
関連ページ  IVF(体外受精)・ICSI(顕微受精)

私の不妊治療記録
 タイミング〜AIH(人工授精)4回目の体験談
 ICSI(顕微受精)1回目の体験談
 ICSI(顕微受精)2回目の体験談

LH
黄体形成ホルモン(テストステロンの分泌を促進するホルモン)の事。

OHSS(卵巣過剰刺激症候群)
排卵誘発剤(主にhMG)などを使用した時に卵巣が過剰に反応して起こる副作用の事。
関連ページ  排卵誘発剤による副作用

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)
卵胞が卵巣の中にたくさんできて、ある程度の大きさにまで育っていくが
卵巣の表面がかたいために中の卵が外に飛び出せない事。
関連ページ  排卵障害

SMI
SQA(精子特性分析機)で運動精子の数とそのスピード
直進性を考慮に入れて算出される精子の授精能力の数値の事。
160〜   優良(男性側の原因なし)
80〜60  中間(男性側に多少の原因あり)
0〜80   虚弱(男子側に深刻な原因あり)
私の旦那の場合は0〜80の所でした。

TESE(精巣内精子採取術)
精液中に精子がいない時に、精巣(睾丸)に精子がいるかどうかを調べる検査の事。
精子がみつかれば、ICSI(顕微受精)などに使用できる。

hMG
無排卵の人のために排卵誘発の目的でつかわれたり、
AIH(人工授精)IVF(体外受精)・ICSI(顕微受精)のための卵巣刺激につかわれます。
AIH(人工授精)なら、たくさんの卵が育ちすぎると困るし、
IVF(体外受精)・ICSI(顕微受精)なら10個ぐらい育つのが望ましいなど、
目的にあわせて投与量を変更していきます。
関連ページ  不妊治療で使う薬

hCG
関連ページ  不妊治療で使う薬

ZIFT(ジフト)法
体外で育てた受精卵を卵管内に戻す方法の事。
どちらも自然妊娠と同じように受精卵が卵管で育つので、IVF(体外受精)・ICSI(顕微受精)よりも妊娠率は高いけど
麻酔をしてお腹に穴を開けて…と体へのリスクも高くなります。
関連ページ  IVF(体外受精)・ICSI(顕微受精)