自分が不妊症(かもしれない)と分かる前は、妊娠するしくみってよく分かってなかったです。
保健の授業で習ったような気もするけど、遠い昔のことなので忘れてしまったし。汗
妊娠する過程を知ると、例えば「卵管がつまってます」って言われたら
「あー、そういう事ね」って理解できるし、せっかくなので(?)勉強しませんか?

卵胞の成長

01.卵胞が20mmに成長すると、卵巣が「もう準備OKよ」とホルモンを出します。
02.そうすると、今度は脳が「排卵していいよ」とホルモンを出します。
03.卵巣から卵胞が出て、卵胞から卵子が出ます。これが排卵です。
排卵の仕組みについても参考にして下さいね。

この過程がうまくいかないと排卵障害です。

卵管へ移動・子宮の準備

01.腹腔内に出た卵子は、動いてきた卵管采(卵管の先)に吸い取られます。

この過程がうまくいかないとピックアップ障害です。

02.卵管の中では壁面に生えた繊毛に押されて進みます。
03.そして、卵管の中で1番広い卵管膨大部で精子を待ちます。
卵子の寿命は、12時間〜24時間ぐらいと言われています。
この間に精子に出会わないと受精はしません。
受精しなければ、この時点で今回の妊娠はありません。
でも、子宮は受精したかどうかは知らないので、着床の準備をします。なんか悲しいですね…。
(2週間ぐらい過ぎると受精卵が来ないことが分かって内膜がはがれます。これが生理です)

この過程がうまくいかないと卵管障害です。

01.排卵後の卵巣は「排卵したよ」とホルモンを出します。
02.そうすると、子宮では内膜を厚くして受精卵を待ちます。

受精

01.排卵のころに合わせて夫婦生活をします。
02.射精された精子は、卵子にむかって泳いで行きます。
1度の射精で約8000万〜3億匹ぐらいの精子がいます。
これだけ精子の数が多くても、卵子がいる卵管膨大部に辿り着けるのは1000匹ぐらいです。
(私の旦那は、最初の時点で1000匹もいません。そう考えると妊娠できたのはスゴイなと思います)
03.精子が卵子に群がって、1匹だけ卵子の中に入ります。これが受精です。
受精できても、まだまだ妊娠成立ではありません。

この過程がうまくいかないと受精障害です。

着床

01.受精すると、受精卵は2分割→4分割→8分割→16分割と分裂しながら子宮に進みます。
受精後4〜5日で子宮に到着します。
02.そして、桑実胚→胚盤胞になって厚くなった子宮に潜り込みます。これが着床です。
受精後1週間ぐらいです。

この過程がうまくいかないと着床障害です。

妊娠成立

全部がうまくいくと、やっと妊娠成立です。

妊娠するためには、いくつもの過程をクリアしないといけません。
たった1つでもタイミングがずれると妊娠できません。
不妊症の人に限らず、妊娠は本当に奇跡ですよね。