不妊治療助成金について

少子化対策の一環として国と自治体が半分ずつ特定不妊治療(IVF(体外受精)及びICSI(顕微受精))を
受けた夫婦に対し、経済的な負担の軽減を図るため、治療に要する費用の一部に助成金を支払う制度の事です。
一般不妊検査・治療・人工授精(AIH)を対象にしている自治体もあります。
全国の不妊治療助成金制度を参考にして下さいね。

ここでは、私が住んでいる市の場合について記載しています。
申請してから20日ほどで銀行振り込みされました。
IVF(体外受精)やICSI(顕微受精)をしていると、10万円ぐらいの助成金では全然足りないけれど
それでも、少しは治療費の足しになるから、ぜひ申請して下さいね。

各自治体によって内容が違う部分もあると思うので、詳しくはお住まいの自治体に問い合わせて下さい。

対象者は?

・法律上の婚姻をしている夫婦。
・特定不妊治療以外の治療法によって妊娠の見込みがないか
 又は極めて少ないと医師に診断されている人。
・○○市が指定した医療機関で特定不妊治療を受けた人。
・夫及び妻の前年の所得の合計額が650万円未満であること。

助成額は?

・1年度当たり10万円を限度に、通算2年間助成します。

申請方法は?

・必要書類を揃えて保健所健康課へ申請してください。
 申請期間は、治療が終了した日から3か月以内です。

必要書類は?

・○○市特定不妊治療費助成事業申請書
・○○市特定不妊治療費助成事業受診等証明書
・○○市に居住する法律上の夫婦であることを証明する書類
・夫及び妻の所得額を証明する書類
・通帳(郵便局以外のもの)と届出印

認定・支給方法は?

・提出書類を審査し、承認(不承認)決定通知書を送付します。
 承認したときは、口座払込により助成金を支払います。

全国の不妊治療助成金制度

各自治体のHPへリンク(2006.11.22現在)しています。
詳しくは、リンク先や直接問い合わせをして確認してくださいね。

・ 北海道 (札幌市旭川市函館市
・ 青森県
・ 岩手県
・ 宮城県 (仙台市
・ 秋田県 (秋田市
・ 山形県
・ 福島県 (郡山市いわき市
・ 東京都
・ 埼玉県 (さいたま市川越市
・ 千葉県 (千葉市船橋市
・ 茨城県
・ 栃木県 (宇都宮市
・ 群馬県
・ 山梨県
・ 神奈川県 (横浜市川崎市横須賀市相模原市
・ 新潟県 (新潟市
・ 長野県 (長野市
・ 富山県 (富山市
・ 石川県 (金沢市
・ 福井県
・ 愛知県 (名古屋市豊橋市(PDF),岡崎市豊田市
  ※ 一般不妊検査・治療・人工授精(AIH)対象 三好町碧南市
・ 岐阜県 (岐阜市
・ 静岡県 (静岡市浜松市
  ※ 静岡県の不妊治療助成金制度を受けた場合は、対象経費からその額を差し引いた1/2以内 袋井市
  ※ 静岡県で行う「特定不妊治療費助成事業」の対象となる医療費は除く 掛川市
・ 三重県
  ※ 三重県の助成を受けた人は、助成対象経費から県の助成額を控除した額の2分の1 亀山市
・ 大阪府 (大阪市堺市高槻市東大阪市
・ 兵庫県 (神戸市姫路市
・ 京都府 (京都市
・ 滋賀県
・ 奈良県
・ 和歌山県 (和歌山市
・ 鳥取県
・ 島根県
・ 岡山県
・ 広島県 (広島市福山市
・ 山口県 ※ 一般不妊治療費助成制度あり
・ 徳島県
・ 香川県 (高松市
・ 愛媛県 (松山市
・ 高知県
・ 福岡県 (北九州市福岡市
・ 佐賀県
・ 長崎県 (長崎市
・ 熊本県 (熊本市
・ 大分県 (大分市
・ 宮崎県 (宮崎市
・ 鹿児島県 (鹿児島市
・ 沖縄県