IVF(体外受精)・ICSI(顕微受精)について

IVF(体外受精)は、卵巣から直接卵子を採取(採卵)して、体の外で精子と卵子を受精させて受精卵を子宮内に戻す(胚移植)方法です。
ICSI(顕微受精)は卵子の中に1匹だけ精子を入れて受精させます。
その後の治療法はIVF(体外受精)と変わりません。

私のICSI(顕微受精)体験談も参考にして下さいね。
→ 不妊治療記録 顕微受精(ICSI)1回目
→ 不妊治療記録 顕微受精(ICSI)2回目

IVF(体外受精)・ICSI(顕微受精)対象となるケース

・卵管がつまっているなどの卵管障害
抗精子抗体が陽性
・乏精子症や無精子症などの男性不妊
・重度の男性不妊の場合はICSI(顕微受精)
・原因不明で治療を長く続けている場合

IVF(体外受精)・ICSI(顕微受精)の流れ

1.排卵誘発
排卵誘発剤による副作用も参考にして下さい。
2.採卵・採精
3.体外受精・胚培養
(顕微受精の場合も)
4.胚移植
(二段階胚移植の場合も)
5.黄体補充療法

IVF(体外受精)・ICSI(顕微受精)の種類

【二段階胚移植法】
受精卵を2回に分けて子宮に戻す方法です。
自然妊娠では、受精卵が卵管から『もうすぐ行くぞー』と信号を送って子宮が着床の準備をします。
IVF(体外受精)・ICSI(顕微受精)では、その卵管から信号を送れないので
まず、4分割や8分割の受精卵を子宮に戻して、その受精卵が信号を送ったあと
準備が整ったところへ胚盤胞を移植します。
二段階胚移植の方が妊娠率は高くなると言われています。

受精卵の様子・・・
前核期胚→2分割→(2日目)4分割→(3日目)8分割→(4日目)桑実胚→(5日目)胚盤胞


【ギフト(GIFT)法】
精子と卵子を卵管内に戻し受精を期待する方法です。
【ジフト(ZIFT)法】
体外で育てた受精卵を卵管内に戻す方法です。
どちらも自然妊娠と同じように受精卵が卵管で育つので、
IVF(体外受精)・ICSI(顕微受精)よりも妊娠率は高いけど
麻酔をしてお腹に穴を開けて…と体へのリスクも高くなります。


【アシストハッチング(AHA)法】
受精卵を着床しやすくするために、受精卵の透明帯を薄くしてから移植する方法です。


【卵巣刺激の違い】
病院によって誤差があるので参考程度にして下さいね。
卵子の質はショート法よりロング法の方が高くなると言われています。

 ウルトラロング法ロング法
最も一般的です
ショート法ウルトラショート法
月経開始予定の2週間〜1ヶ月前スプレキュア   
   
21日目スプレキュア  
  
1日目スプレキュア 
2日目 
3日目↓   排卵誘発剤↓   排卵誘発剤↓   排卵誘発剤スプレキュア排卵誘発剤
4日目↓      ↓↓      ↓↓      ↓↓         ↓
5日目↓      ↓↓      ↓↓      ↓↓         ↓
6日目↓      ↓↓      ↓↓      ↓↓         ↓
7日目↓      ↓↓      ↓↓      ↓↓         ↓
8日目↓      ↓↓      ↓↓      ↓↓         ↓
9日目終了    終了終了    終了終了    終了終了       終了
10日目 夜HCGHCGHCGHCG
11日目    
12日目採卵・体外受精
(顕微受精の場合も)
採卵・体外受精
(顕微受精の場合も)
採卵・体外受精
(顕微受精の場合も)
採卵・体外受精
(顕微受精の場合も)
13日目培養培養培養培養
14日目
15日目胚移植胚移植胚移植胚移植
16日目黄体補充黄体補充黄体補充黄体補充
17日目↓(胚移植の場合も)↓(胚移植の場合も)↓(胚移植の場合も)↓(胚移植の場合も)
28日目妊娠判定妊娠判定妊娠判定妊娠判定