医療費控除について

生計を共にしている家族の1年間(1月1日〜12月31日)の医療費を合計して、
10万円(所得が200万円未満の人はその5%)を越えた時に申告をすると、
所得税の一部が払い戻される制度のことです。

医療費控除をすると、所得税が戻ってくるだけではなく、翌年の住民税も減税されるので、
たとえ少しの金額しか戻ってこなくても申告した方がお得なのです。
例えば、住宅控除を受けていて所得税が0円だった時に
「0円だから、医療費控除の確定申告しなくていい、しても無駄」なんて思わないで下さいね。
所得税の還付はないけど、医療費控除の申告をすると住民税が軽減されるんです。
やって損することはないですよ。
不妊治療はお金がかかります。たとえ少しでも住民税が減るといいですよね。

対象となるものは?

・不妊症の治療費用
・通院の交通費(バスや電車代)往復OK
・治療にかかった薬代
・妊婦検診費
・入院、分娩費
・市販の薬代
・病気、ケガの治療薬代
・医師、歯科医師による診療や治療

対象とならないものは?

・妊娠検査薬
・自分で希望した差額ベット代
・通院の交通費(自家用車のガソリン代・駐車料金)
・ビタミン剤などのサプリメント
・健康診断、人間ドック代

医療費控除の対象となる金額(最高で200万円)は?

(実際に支払った医療費の合計額−)−

・・・不妊治療助成金・出産育児一時金・医療保険金・入院費給付金などの貰える金額
・・・10万円・所得が200万円未満の人はその5%の金額

税務署に行くまでに用意するものは?

・医療費の領収書をまとめる。 私は、こんな感じでまとめました。

名前
医療機関の名前
金額
私の旦那 ●▲病院
35,983円
●▲病院
87,928円
■●病院
5,620円

税務署に持って行くものは?

・源泉徴収票
・医療費の領収書(原本)
・上でまとめた医療費の表
・振込みしてもらう銀行などの口座番号が分かるもの
・印鑑

税務署に行ってから…

税務署に行くと医療費控除の申請に必要な書類一式を渡してもらえます。
私が行った税務署の場合だけど、どこでもだいたい一緒かな?と思います。
その書類を見ると、記載例って書いた用紙があると思うので、それを見ながら記入していきます。
源泉徴収票のココの金額を確定申告書のココに書くって感じで書いてあります。
それから、家でまとめた医療費を用意されている封筒に書いて領収書の原本をその封筒に入れる。
全部まとめて提出。
控えに税務署のハンコをもらって・・・終わりです。

医療控除の申告はいつ?

確定申告は、毎年2月16日から3月15日までの1ヵ月間だけど
サラリーマンなどの給与所得者による医療費控除等の還付申告は1月からでも出来ます。
会社に「生命保険料控除証明書」などを渡して計算してもらって
会社から源泉徴収票が返ってくれば1月から申告できます
2月16日以降は税務署が混むから早めに行くのがおすすめです。
申告は5年間さかのぼって出来るので、その年に申告できなくても大丈夫です。

私の場合・・・

   かかった医療費
1月 45,655円
2月 22,190円
3月 19,680円
4月 15,600円
5月 25,290円
6月 28,660円
7月 48,850円
8月 291,240円
9月 2,740円
10月 61,870円
11月 285,020円
12月 0円
合計金額 846,795円


上で書いてるように計算すると…
(実際に支払った医療費の合計額【846,795円】−不妊治療助成金【10万円】)−【10万円】

・・・不妊治療助成金・出産育児一時金・医療保険金・入院費給付金などの貰える金額
・・・10万円・所得が200万円未満の人はその5%の金額

医療費控除の対象となる金額は【646,795円】でした。
約1ヵ月後に【51,720円】銀行振込みされました。



詳しくはお住まいの地域を管轄する税務署に問い合わせて下さい。