不妊治療前に保険に加入しておく

私は保険に加入していたから、特に気にする事もなかったけど
病院デビュー体験談で「女性専門の保険に入っておけば良かった…」という意見があったので
女性専門タイプの保険についてまとめてみました。
不妊治療をはじめてからだと、加入しにくくなるので早く加入しておく方がいいですね。

不妊治療をしていると本当にたくさんの人が排卵誘発剤を使用すると思います。
排卵誘発剤を使用すると多胎妊娠の確率が高くなります。
クロミッドなどの飲み薬の場合は5%、HMGなどの注射の場合は20%の確率で多胎になります。

 不妊治療で使う薬や注射
 排卵誘発剤による副作用

多胎妊娠は入院することも多いし、帝王切開が考えられます。
また、不妊検査のついでに(不妊検査の一部として?)子宮がんの検査をする事も多いと思います。
多胎妊娠したから帝王切開のために。
子宮がんって分かったから治療のために。
あとで、そんな事言ったって保険には加入できませんよね。
病院デビュー前に保険加入を検討してみてはどうでしょうか?



女性専用タイプの保険は、↓こういう事にも使えることが多いです。

子宮筋腫・卵巣機能障害・子宮内膜症・流産・妊娠の合併症・帝王切開など。
(保険会社によって違うこともあると思うので確認して下さいね)

女性専用タイプの保険

詳しくは資料請求して、しっかり確認して下さいね。

【アリコジャパン】わたしの入院保険
・病気やケガで入院されたら、日額10,000円の入院給付金。
・所定の手術を受けたら最高40万円。
・高額の治療費が必要な女性特有のガンは特に手厚く保障。
・女性特有のガンで入院されたら日額20,000円の入院給付金。
・女性特有のガンで入院後、無事退院されたら、半年毎に50,000円。
・5年毎に受け取れる積立ボーナスと無事故ならもらえる無事故ボーナス。


【東京海上日動あんしん生命】あんしんアミュレット
資料請求はこちらから→女性特有の病気には女性専用保険
・日帰り入院から最長120日まで保障。
・女性特有の病気には入院給付金を上乗せ保障。
・健康なら5年毎に5万円のボーナスが受取れる。
この保険のCMって、ほのぼのですよねー。何か好きなんです♪


【三井住友海上きらめき生命】メディカルレディース
・女性にとって必要な保障額と、保険料とのバランスを考えた商品設計。
・1泊2日の入院から保障。
・女性特有の病気やガンでの入院・手術は倍額保障。
・告知だけの簡単手続き。医師の診査は不要。


【損保ジャパンひまわり生命】フェミニーヌ
資料請求はこちらから→フェミニーヌ
・入院給付金を受け取っても3年ごとにボーナス。
・女性特有の病気に加え、女性にも多い病気を幅広く重点保障。
・1泊2日の入院から保障。


この保険比較の保険市場では、無料で↑に書いたような女性専門タイプの保険をまとめて資料請求できます。
一覧比較ページや人気度ランキング(資料請求数)もあるので、参考にしてみるといいですね。