子宮や卵巣などの生殖器官がある下半身は冷えに弱いです。
冷えてしまうと、子宮や卵巣の機能が低下して不妊症の原因になってしまいます。

冬は誰でも寒さ対策をしますよね?
だって寒いですもんね。当たり前です。
夏はどうでしょう?
暑い暑い!!で涼しさを求めて、冷たい飲み物ガブガブ、クーラーガンガンで過ごしていませんか?

暑い夏こそ、冷え体質になりやすいです。
冷え対策をして、子宮や卵巣にしっかり働いてもらいましょうね。


2007年7月号の「DHC みんな、げんき?」でも冷え対策講座がありました。
やっぱり、夏こそ冷えに気を付けたいですね。

冷え性について

女性ホルモンや自律神経がうまく働かなくて、体温調節がちゃんと出来なくなったり体の血流が悪くなっています。

寒がりと冷え性は違います!

寒がりの人は、寒さが苦手で寒さを感じやすいけれど、厚着をしたり温かい部屋にいると体が温まります。
冷え性の人は、温かい部屋にいても手足など冷えた部分はなかなか温まりません。

女性はホルモン変化が大きいので、男性よりも冷え性になりやすいです。

冷えの原因

・ 体を冷やすもの(トマト・キュウリ・ナスなど)を食べる
・ 栄養バランスが偏っている
・ 運動不足
・ 湯船につからないでシャワーですます
・ 体を冷やす服装(薄着など)をする
・ 体を締めつける服装(ガードルなど)をする

冷えの対策・改善法

骨盤・子宮周りを温めるよもぎ蒸し湯たんぽ


・お灸をする
私はせんねん灸太陽を使用してました。
これは、火を使わないお灸なので手軽に使えます。
面倒な事が嫌いな私にもピッタリでした。
冷えに効くツボ(生理不順にもいいです)にお灸はどうですか?
三陰交・・・内くるぶしの上端から、指幅4本分上がったところ。

・養命酒を飲む
養命酒は滋養強壮剤として、低下している体の働きを整え、
血色をよくするので、冷え症によく効きます。

薬用 養命酒 1000ml【第2類医薬品】□【5250円以上で送料無料】


感想(207件)

↑この養命酒、冬になるとよくCMで見かけますよね。
私は、不妊治療している人が医師に進められたと聞いたことをきっかけに飲み始めました。
まずいんですけどね…。
でも、1回に飲む量が少ないから飲めました。

・マカを飲む

HOME > マカのちから > 冷たい手足にサヨウナラ を参考にしてみて下さい。
左下にある『マカストーリー』には冷え性にきいた体験談があります。

・ 体を温めるもの(カボチャ・ピーマン・唐辛子など)を食べる

・ ビタミンE(カボチャ・うなぎ・アーモンドなど)を摂る

・ 運動をする

・ しっかり睡眠をとる

・ ぬるめのお湯(38?39℃)で半身浴(20?30分)をする
湯船にトルマリン鉱石 を入れると、体が芯まであたたまります。

・ 首・お腹・下半身・足元を冷やさない
働いている人はオフィスでクーラーがきいてますよね。
設定温度高めって企業が多いような気もしますが…。
でも、自分にあった温度調節なんて出来ません。
自分で冷え対策するしかないですね。
例えば、腹巻き。
えー??なんて思うかもしれないけど、腹巻きだっていろんなデザインがあります。
こんなシンプルな腹巻きだったり。
薄くて目立たないタイプだったり。

いろんな種類があるから、自分のお気に入りの腹巻きを探してみてはどうですか?
子宮や卵巣などがある下半身を冷やさないためには、ホントに腹巻きっていいですよ。
こんな事言う私も、もちろん腹巻きしてました。
オフィスの中はいいけど、1歩外に出ると暑いのが難点ですが。苦笑

ショッピングに出かけても、クーラーがきいてますよね。
ちょっと羽織れるものや、スカーフを持ち歩いて首に巻くのもいいですね。

靴下は5本指にわかれている靴下がいいです。
←こんな靴下のことです。
1本1本指先を温めてくれます。



妊娠するためにした事も参考にして下さいね。

冷えに関する本です → ずぼらな青木さんの冷えとり毎日