きちんと受精しても、受精卵が子宮内膜に着床できないことを着床障害と言います。

子宮筋腫

子宮内や子宮周囲にできた良性の腫瘍のことです。
子宮筋腫があれば必ず、不妊症の原因になるわけではありません。

[治療法]
子宮筋腫の大きさやできている場所が妊娠を妨げる場合は、ホルモン剤投与や手術を行います。

先天性子宮奇形

産まれつき子宮の形が正常な形ではない事です。
単角子宮・・・子宮が十分に発育していない場合は妊娠が難しい。
弓状子宮・・・不妊の原因になるのに発見されにくい。
双角子宮・・・このまま妊娠できるケースも多い。
重複子宮・・・一般的には、状態のいい方で体外受精(IVF)をする。
妊娠・出産に影響のない奇形の場合は、そのまま様子をみます。

[治療法]
不妊の原因が子宮奇形にある場合は、手術を行います。

子宮内膜ポリープ

子宮内膜に小豆ぐらいの大きさのポリープができる事です。
ポリープができると子宮内膜がでこぼこになるので受精卵の着床を妨げます。

[治療法]
簡単な日帰り手術でポリープを切除します。

子宮内膜癒着

クラミジアや過去の中絶、帝王切開などが原因で子宮内膜が癒着している事です。

[治療法]
子宮鏡をつかって、子宮内膜の癒着をはがします。

黄体機能不全

排卵期に厚くなるはずの内膜が、黄体ホルモンの分泌不足で厚くならずに受精卵が着床できない事です。

[治療法]
黄体ホルモンを投与します。

子宮内膜増殖症

古い内膜が剥がれずに、子宮内膜が厚くなりすぎている事です。
この部分の内膜は血流が悪く、着床しにくくなります。

[治療法]
重度の場合は子宮内膜を掻き出す掻爬術を行います。

子宮腺筋症

内膜細胞が子宮の筋層にくっついていてそこで炎症を起こしている事です。

[治療法]
症状がひどく着床を望めない時は、ホルモン治療で症状の改善をしたり、
硬くなっている子宮の筋肉を切除する手術を行います。