卵管が細くなったり詰まったりして、卵子が通れない事を卵管障害と言います。
クラミジア検査・子宮卵管造影検査・腹腔鏡検査などで分かります。
卵子が通れないと、精子と受精もしないので、妊娠できません。
卵管障害は、不妊原因のトップです。
不妊治療で行う検査も参考にして下さい。

子宮内膜症

子宮内膜症は、子宮内膜と同じような組織が卵巣や卵管など子宮の外側や周辺の臓器で増殖して、
炎症や癒着を引き起こす病気です。
不妊症の原因 子宮内膜症も参考にして下さいね。

[治療法]
エストロゲンの分泌を抑えるホルモン剤を服用したり、注射をしたりして生理を止め、
生理とともに活発化する内膜の活動を抑えます。

ピックアップ障害

排卵した卵子を、卵管の1番先にある卵管采が癒着などでうまく取り込めない事です。
2人目不妊の人にもピックアップ障害が多いと考えられています。

[治療法]
ピックアップ障害に対する根本的な治療法はありません。
最終的には、体外受精(IVF)にステップアップします。

卵管水腫

卵管の炎症などで卵管采がつまって、そこに水などがたまって水腫になっている事です。

[治療法]
片側の卵管が正常ならば、妊娠できる可能性はあります。
つまった卵管采を切り開いて卵管采を人工的につくる手術(卵管開口術)か体外受精(IVF)をします。