子宮内膜症について

子宮内膜症とは、本来なら子宮の内側にある内膜が、それ以外の所で増殖する病気です。
子宮に内膜が出来ると膣があるので剥離した細胞や血液は外に出ます(月経)。
子宮以外に出来ると、出口がないので、その周辺で固まり癒着してしまいます。

子宮内膜症は、腹腔内子宮内膜症と腹腔外子宮内膜症があります。
子宮筋層・卵巣・ダグラス窩・卵管・子宮頸管・直腸・膀胱などの腹膜の内部に出来るのが
腹腔内子宮内膜症です。
手術のあとや肺・腎臓などに出来るのが腹腔外子宮内膜症です。

【子宮腺筋症】
子宮内膜より奥の子宮の筋層の中に入り込んで増殖していきます。
筋層内にできた子宮内膜が、生理に合わせて増殖と出血(剥離)を繰り返します。
出血したところは瘢痕という固い組織ができて球状になります。
子宮内膜症の進行とともに瘢痕も増えて、子宮筋層は虫食い状態になってしまいます。

【ブルーベリースポット】
卵巣などの骨盤内に小さな子宮内膜組織が大小無数にできます。
青紫色の形態から、ブルーベリースポットと呼ばれます。
不妊症の原因とされる内膜症は、ほとんどがこれだと言われています。

【チョコレートのう腫】
子宮内膜症が卵巣の中や表面にできたものを卵巣子宮内膜症といいます。
卵巣内に病巣ができると、出血した血液がたまって、古くなった血液が黒く変色して
チョコレート状の袋のようなのう胞になります。
これがチョコレートのう腫です。

【ダグラス窩子宮内膜症】
子宮はお腹の方向に前屈しているので子宮の後ろと直腸の間に穴のような部分があります。
ここに子宮内膜症ができると、ダグラス窩子宮内膜症と言われます。
超音波検査などでは見つかりにくいです。

子宮内膜症の症状について

・激しい月経痛
月経の回数を重ねるごとに痛みがひどくなっていくのが、子宮内膜症の特徴です。
以前よりも痛みがひどくなっている場合は要注意です。

・性交痛,排便痛
子宮内膜症の特徴的な症状です。

・月経量が多い,月経がレバー状のかたまりになる,月経期間が長い
出血が止まらなかったり、レバー状のかたまりになるのは、それほど出血量が多いという事です。

・不妊症
子宮内膜症の2人に1人は不妊症を併発していると言われています。
不妊症の原因 卵管障害も参考にして下さいね。

・血尿
増殖した病巣が膀胱内部にまで進入すると起こります。

・血便
増殖した病巣が直腸内部にまで進入すると起こります。

子宮内膜症の診断について

・問診
月経に関する痛みなどの自覚症状について話をします。

・内診
膣鏡を入れて、膣内や子宮の入り口の状態を見ます。
その後、片方の指を膣内に入れて、もう片方でお腹を押して、子宮の大きさや卵巣などの状態を見ます。
超音波検査では、卵巣の腫れや腫瘍の大きさを調べます。

・血液検査
血液検査では体の中に腫瘍がある時に反応する腫瘍マーカーもチェックします。
腫瘍マーカーはCA125と表されて、子宮内膜症の場合この数値が高くなります。

・MRI
病気が進行している場合にはMRIで詳しく検査します。
腫瘍の位置を正確に知ることが出来ます。

・腹腔鏡検査
より正確に調べるにはお腹の中に腹腔鏡を入れて目で見て確認します。
不妊治療で行う検査 腹腔鏡検査(ラパロ) も参考にして下さい。

子宮内膜症の治療法について

子宮内膜症には、薬物療法と手術療法があります。

薬物療法は、ホルモン薬を投与して病巣を小さくする治療法です。
月経が止まれば、子宮内膜の発育も止まり病巣が小さくなり子宮内膜症は改善します。

薬物療法には2種類あります。
月経を一時的に止めて閉経と同じ状態にする偽閉経療法は、点鼻薬・注射・錠剤があります。
薬により月経を止めて体を妊娠した状態にする偽妊娠療法は低用量ピルを服用します。

手術療法には3種類あります。
保存手術は、子宮内膜症の病巣だけを取り除き癒着を剥がす手術です。
手術により腹腔内がきれいになると、妊娠しやすくなるので、不妊症に効果があります。
子宮と片方の卵巣を摘出するのが準根治手術で、子宮と卵巣をすべて摘出するのが根治手術です。
どちらも子宮を取ってしまうので、妊娠は不可能です。