精子と卵子が受精できないことを受精障害と言います。
抗精子抗体検査・頚管粘液検査・フーナーテストなどで分かります。
不妊治療で行う検査も参考にして下さいね。

抗精子抗体

普通は精子に対して抗体を作らないけれど、中には精子を異物として攻撃する抗体がある場合があります。
この抗精子抗体があると、精子は卵子まで辿り着けないので受精できません。

[治療法]
抗体の影響を最小限に抑えられる体外受精(IVF)が有効です。

頚管粘液不全

頚管粘液(おりもの)は排卵期に増えて、精子が通りやすいように手助けをします。
この粘液が増えなければ、精子が通過しにくくなります。
排卵誘発剤のクロミッドなどを服用すると頸管粘液の分泌が少なくなるという副作用があります。
不妊治療で使う薬や注射も参考にして下さいね。

[治療法]
子宮の奥へ直接精子を注入する人工授精(AIH)が有効です。