男性不妊のほとんどが、精子をつくる機能がうまく働かず、精子がまったく作られていなかったり
精子が少ない、運動率が悪いといった造精機能障害です。

これを飲めば良い精子ができるといった画期的な薬はありません。
漢方薬やホルモン剤を使って、精子の状態がよくなるか様子をみていきます。
精子の状態が良くならなければ、人工授精(AIH)体外受精(IVF)・顕微受精(ICSI)をします。

無精子症

精液の中に精子が全くいない事です。

[治療法]
無精子症でも精巣上体や精巣の中に精子がいれば、この精子をつかって顕微受精(ICSI)ができます。

精子奇形症

精液中に正常な精子が30%未満しかいないことです。
奇形精子が多ければ、それだけ妊娠率は悪くなります。
奇形精子は受精能力はありません。

[治療法]
奇形精子以外の精子をつかって体外受精(IVF)・顕微受精(ICSI)をするケースが多いです。

精子無力症

精子の運動率が悪く、きちんと運動できる精子が全体の50%未満しかいない事です。
原因の多くは先天性ですが、おたふくかぜや精巣の炎症などでも精子無力症になります。

私の旦那の場合
顕微受精(ICSI)1回目 運動率13%
顕微受精(ICSI)2回目 運動率10%

[治療法]
薬物療法が主な治療法ですが、顕微受精(ICSI)に進むことが多いです。

乏精子症

WHO(世界保健機関)によると、精液1ml中の精子の数が2000万以下の状態のことです。

私の旦那の場合
顕微受精(ICSI)1回目 精子数130万/ml
顕微受精(ICSI)2回目 精子数180万/ml

[治療法]
症状が軽く、比較的精子が多い場合は、薬物療法やタイミング法をします。
その後様子を見ながら、人工授精(AIH)に進みます。
重度の乏精子症では、薬物療法の効果が期待できないので体外受精(IVF)・顕微受精(ICSI)をします。

精索静脈瘤

精巣にある静脈の弁がうまく機能しないで、血流がとどこおり精嚢の温度があがります。
温度があがると、精子が死んだり運動率が悪くなったりします。
陰嚢の表面(ほとんどが左側)に瘤のようなものが出来るのが特徴です。

[治療法]
手術をしても精子の状態が良くなると言い切れないので、
体外受精(IVF)・顕微受精(ICSI)に進むことが多いです。